いちご鼻の正しい汚れの取り方を教えます!

いちご鼻の正しい汚れの取り方を教えます!

いちご鼻の正しい汚れの取り方を教えます!

 

 

いちご鼻になってしまうと、毛穴の開きが気になって仕方ないですよね!毛穴が開いているだけにとどまらず、その中にはしっかりと汚れが入っています。そんな汚れを取るために、指でぎゅっと押して、うにゅーと言わんせんばかりに汚れを取っている方も多いのではないでしょうか?
本日はいちご鼻になってしまった時の毛穴の汚れや角質の取り方について説明したいと思います。

 

 

 

■毛穴の汚れ取り方NG例

 

いちご鼻の正しい汚れの取り方を教えます!

 

まずは、毛穴の汚れの取り方として真っ先に思い浮かべるのが、毛穴シートパックではないでしょうか。昔はCMでもよくやっていましたし、シートをはがした瞬間シートに張り付く毛穴の汚れにぞっとするものの、爽快感を覚える人も少なくなかったでしょう。 
 ですが、これは実はお肌を痛ませてしまう原因となりえます。まず、毛穴の汚れがきれいに取れるのは良いのですが、その後の毛穴のケア、保湿をしっかり行わないと開きっぱなしの毛穴に皮脂や角質が詰まってしまいます。これではせっかく毛穴ケアを行っても本末転倒です。 
 指で汚れを押し出す方法も同じです。汚れを出してしまった後は、毛穴を閉じてあげなくてはなりません。 
 また、毛穴シートは毛穴だけではなく、シートの粘着部分がお肌を傷つける可能性がありますので、いくらすっきりするからと言っても毛穴シートパックは避けた方が良いでしょう。 

 

■どうやって毛穴の汚れを取る?

 

いちご鼻の正しい汚れの取り方を教えます!

 

・洗顔方法
・綿棒マッサージ
・皮膚科でのフェイシャルケア 

 

本日ご紹介するのは上記の3点です。 

 

まずは洗顔です。洗顔をする前に蒸しタオルを顔にあてて、毛穴を開き、その状態で洗顔を行うことにより、毛穴の汚れを取ります。 
 この時、洗顔はきちんと泡立てることを心がけて、優しく洗うようにしましょう。泡立てにはネットを使うとよりキメの細かい泡が作れます。
 この蒸しタオル美容で気をつけて欲しいのが、最後は必ず冷水で顔を洗い流すことです。蒸しタオルで毛穴を開いたままの状態では、これも毛穴のシートパックと同様に毛穴に新たな汚れが入り込んでしまいます。冷水で洗うことによって、毛穴が引き締まります。
 毛穴が引き締まると顔が驚くように引き締まって見えるのも嬉しいですね。 
 また、最近ではいちご鼻や毛穴ケアに特化した泥パックなども市販で販売されていますので、即効性のある効果を期待したい場合にはお勧めします。 

 

2つ目は、綿棒でのマッサージです。これもとても簡単で、綿棒にオイルを染みこませ、鼻を丁寧にマッサージしていくだけで鼻の汚れや角質が取れます。力を入れ過ぎずに優しい力でマッサージするようにしてください。
 マッサージが終わった後は、通常通り洗顔をしてください。

 

最後は皮膚科への相談です。ケミカルピーリングやレイザー治療を行うことで古い角質や毛穴の汚れなどをきれいに取ることができます。 
 上記の二つに比べて、皮膚科での治療はお金がかかってしまいますが、即効性を求めたい方にはお勧めです。頻度は一週間〜十日に一回、三か月〜半年ほど続ければ一定の効果が見込めます。費用は皮膚科によって異なりますが、一回1万〜のところが多いようです。 
 一度でもある程度の効果は見込めますが、数回通った方が効果は顕著です。ただし、皮膚科で毛穴の汚れを取り、いちご鼻を治したところで根本の原因がそのままになっているとまたいちご鼻になってしまいます。それではせっかくの治療が台無しになってしまいますので、まずはオイリー肌を治すこと、日々の食事を見直すことも同時進行で行うようにしましょう。 

 

 

 

■最後に
いかがでしたか?
いちご鼻の毛穴の汚れや角質は案外簡単に取れることがわかりましたよね。日々のちょっとしたひと手間でいちご鼻を撃退しましょう!

 

 

 

いちご鼻改善の口コミを徹底検証!

 

 

 

こちらも要チェック!

 

毛穴ケアで、いちご鼻・鼻のニキビ・黒ずみ・角栓をケア!
高濃度美容液【リメリー】