知っておきたい脂性肌といちご鼻の関係とは?

知っておきたい脂性肌といちご鼻の関係とは?

脂性肌といちご鼻

 

 

お肌は「普通肌」、「乾燥肌」、「脂性肌」、「混合肌」の4つに大きく分かれますね。この中で最も肌トラブルが多く深刻な悩みとなるのが、「脂性肌」なのです。
あなたは何肌ですか?

 

 

 

テカリが気になる脂性肌

 

「顔、肌がベタつく」「すぐテカテカになる」「あぶら取り紙は常備している」が特徴ですね。私も京都よーじやさんのあぶらとり紙は常にバックにINしていました。
それこそお手洗いに行くたびにあぶらとり紙を取り出してペタペタあぶらをとっていました。
脂性肌にとって悩みといえば、上記のほかに毛穴の黒ずみ。他のお肌の方に比べて、顔の皮脂が多いため、毛穴に皮脂が詰まりやすいのです。とってもとっても皮脂が浮いている。毛穴の黒ずみととるために必死にあぶらとり紙で皮脂をとる毎日でした。
特に皮脂の分泌が多いTゾーンと小鼻、そして鼻のてっぺん。汚れや皮脂がたまりやすく気になるからと触りすぎてしまい汚れがたまり、さらに毛穴が広がってしまう部分です。

 

毛穴の黒ずみは、皮脂や汚れが酸化して黒くなった状態で、いちご鼻は特にそれが鼻に集中してしまい、いちごのようなポツポツな鼻になってしまうことです。
一度いちご鼻になってしまうと、洗顔をしてもピーリングで一時的にツルツルにしても毛穴は広がりきってしまっている状態ですので、日が経つごとに汚れや皮脂がたまり、いつのまにか毛穴に黒ずみがたまり、いちご鼻に戻ってしまいます。
いちご鼻を治すためには、目に見えている毛穴の汚れや黒ずみを落とすだけでなく、継続したお肌のケアが大事になってきます。

 

知っておきたい脂性肌といちご鼻の関係とは?

 

 

 

脂性肌の方が気を付けるべきポイント

 

・生活習慣
皮脂の分泌はホルモンバランスが大きく関係しています。月経前など特にお肌が荒れたりしませんか?日頃のストレスや睡眠不足などの生活習慣の乱れによって、皮脂の分泌が過剰となり、いちご鼻の悪化につながるのです。
また、過剰な飲酒や喫煙なども、美肌の大敵です。特にタバコには、血流を妨げ、健康な肌の成分を壊してしまう作用があります。血流が妨げられることで、身体が冷え新陳代謝が滞り、肌のターンオーバーの乱れの原因となります。
脂性肌には、ホルモンバランスの乱れのほか、食生活が大きく関わっていることもあります。美肌に効果的なビタミンをご存じでしょうか?
ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンCの3つが主に大切なビタミンとなります。ビタミンB2とビタミンB6はお互いに協力して、皮脂の分泌量をコントロールする作用があります。ビタミンCは、皮脂の分泌を抑え、酸化を防止する作用があり、美白や美肌の味方として有名ですね。
これらのサプリメントは販売されていますが、サプリメントだけで摂取するのではなく、上手に食生活に取り入れ、バランスの良い食事をとるように心がけましょう。

 

 

 

 

 

 

知っておきたい脂性肌といちご鼻の関係とは?

 

 

 

・正しいスキンケア
脂性肌の方は、他の肌の方に比べて皮脂量が多いため、皮脂の分泌を調整できるようなスキンケアが大事です。過剰な脂性分を減らし、保湿ケアによって肌の水分を補給して普通肌に近づけていきましょう。
脂性分を減らすため、クレンジングはオイルクレンジングはやめましょう。クレンジング後のベタつきが少ないオイルフリータイプのクレンジングを選びましょう。
洗顔は、洗顔料を泡立て、泡で洗うということを心がけましょう。ゴシゴシこすって汚れを落とすのではなく、泡を毛穴に入れるようなイメージで優しく洗顔しましょう。
洗顔後は、肌の水分が蒸発し乾燥している状態なので、すぐに潤いを与えるために保湿ケアをしましょう。オススメはこちらの美容液です。いちご鼻に効果のある成分が含まれています。洗顔後これを塗り込むだけで、肌の保湿ケアが完了します。

 

 

イチゴ鼻専用美容液 Remery(リメリー)
Remery(リメリー)

 

 

 

脂性肌でいちご鼻にお悩みのあなた、一度ご自身の生活習慣とスキンケアを見直してみてください。いちご鼻は毎日のスキンケアで改善できますよ!