あなたはご存知?イチゴ鼻のスキンケアの正しいやり方は?

あなたはご存知?イチゴ鼻のスキンケアの正しいやり方は?

イチゴ鼻のスキンケアの正しいやり方は?

 

 

一度イチゴ鼻になってしまった場合、なかなかキレイなお肌の状態に戻すのは難しそう・・・。一度開いてしまった毛穴や、黒ずんだ毛穴は私たち女子に絶望すらさせてしまうもの。そこで今回はイチゴ肌を緊急レスキュー!イチゴ鼻のスキンケアの方法をご紹介していきたいと思います♪ 

 

 

 

■イチゴ鼻の原因はとにかく皮脂と角質!
世の中のすべての物事に原因があるように、イチゴ鼻も原因なくある日突然出来るわけではありません。何かしらの原因があり、それの日々の繰り返しでイチゴ鼻が出来てしまうものです。
 イチゴ鼻の主な原因は、皮脂です。皮脂が過剰に分泌され、その皮脂が毛穴につまり、酸化してしまうことにより毛穴が黒ずんでしまいます。これがまさにイチゴ鼻です。 
 それから、古い角質を放置してしまうことで毛穴を開かせてしまう原因となります。毛穴に詰まった角質は定期規定に取り除いてあげる必要があります。ただし、毛穴パックのやり過ぎは逆に毛穴を開いたままの状態にしてしまうので、余計な汚れが入り込む原因となってしまいますので、頻度を抑えながら、毛穴を引き締めてあげること、それから保湿をしっかりと行ってあげましょう。過剰なスキンケアはお肌を 痛めてしまう原因ともなりえますので、正しい知識をもって、正しい方法でお肌を労わるようにしましょう。

 

 

あなたはご存知?イチゴ鼻のスキンケアの正しいやり方は?

 

 

 

■蒸しタオルで毛穴の汚れを取る!
一番は、毛穴の汚れをきちんと落とすことです。
お肌を改善するためにまず見直すべきは、クレンジングですが、今回はクレンジングの前のひと手間をご紹介します。 
 クレンジングを行う前に、蒸しタオルで毛穴を開いてあげます。そうすることで、毛穴を優しく開き、毛穴の中の汚れを落とします。 
 蒸しタオルは清潔なタオルを一度水で濡らし、レンジで一分程暖めます。それを顔の上におくことで顔の毛穴が開きます。
 毛穴が開いているうちにクレンジングを行い、通常のように洗顔を行います。最後に冷水で顔をすすぐことで、毛穴を引き締めます。ここで毛穴の引き締めを忘れると、毛穴は開いたままとなり、その開いた毛穴から汚れが侵入してしまい、新たなイチゴ鼻の原因となってしまいますので、最後には必ず毛穴を引き締めることを忘れないようにしてください。 
 また、それでも毛穴の開きが気になる方は氷を使って引き締めてもよいでしょう。

 

 

あなたはご存知?イチゴ鼻のスキンケアの正しいやり方は?

 

 

 

■保湿をきちんと行うこと!
イチゴ鼻と保湿の関係がいまいちピンと来ない方もいらっしゃるかもしれませんね。保湿を怠ることで、言うまでもなくお肌は乾燥してしまいます。お肌が乾燥するとシワになり、老けて見えるばかりではなく、毛穴のたるみなどを引き起こしてしまいます。また、今回のイチゴ鼻とも深い関係があります。 
 まず保湿をきちんとしないとお肌が乾燥してしまいます。そうするとお肌には水分が足りず、過剰に皮脂を分泌します。お肌にとってもある程度の皮脂はなくてはならないものですが、過剰な皮脂が皮脂が毛穴に詰まり、酸化し、黒ずみ、イチゴ肌の原因となってしまいます。乾燥がいかに女性の敵であるかがよくわかりますよね。
 ですので、保湿はきちんと行ってください。フェイスパックを利用するのも良いですし、ホホバオイルやアーガノンオイルを使うことも乾燥には効果的です。最後にきちんとクリームでお肌がら潤いを逃さないようにすることも大切です。化粧水だけではお肌の水分は蒸発してしまい、せっかくのフェイスマスクの効果も半減してしまいます。 

 

あなたはご存知?イチゴ鼻のスキンケアの正しいやり方は?

 

 

 

いかがでしたか?
お肌の基本はスキンケア、それから生活習慣の改善、日焼けを避けるなど、どれも基本的なことばかりです。「基本的なこと」=難しいことですが、毎日少しずつ意識して1年後にはキレイなお肌を手に入れて自信を持ちましょう。 

 

 

 

■最後に
いちご鼻のスキンケアにおすすめの洗顔料や美容液を以下に紹介しています。
よかったらぜひ試してみて下さいね。

 

 

美容液クレンジング【マナラホットクレンジングゲル】

 

 

どろ豆乳石鹸 どろあわわ
どろあわわ

 

 

リメリー(Remery)の口コミ・評価は?通販での購入方法など

 

 

 

マナラホットクレンジングゲル マナラホットクレンジングゲルで徹底クレンジング
   ↓
どろあわわ どろあわわでしっかり泡洗顔
   ↓
リメリー リメリーでしっとり保湿

 

 

の流れがおすすめです。